症状が出てからでは遅い|歯医者の正しい通い方

歯科

虫歯や歯周病の原因

治療中の女性

人は、食べ物を食べる限り必ずプラークが発生します。プラークとは歯垢のことであり、簡単に説明すると細菌の塊です。まず、物を食べることで口腔内常在菌が食べ物を分解し、摂取します。その際に栄養をもとに分裂をし、酸と排泄物を排出します。この排泄物がプラークです。汚い言い方をすればプラークは虫歯菌の糞のようなものだということです。しかし、このプラークが問題であり、プラーク内部には多数の虫歯菌が住み着いています。具体的な数字を言いますと1mgにつき10億匹住み着いています。そして、そんなプラークは歯や歯茎に付着し、同じく食べかすをもとに成長し、酸とプラークを排泄します。この酸が歯の表面を溶かす原因となり、虫歯の秘密です
また、プラークが増殖すると歯の隙間に入り込み歯肉を炎症させてしまいます。そうなると、歯肉は少しやせ細り、隙間ができてしまいます。この隙間に歯垢が入り込み歯周病の原因となってしまうのです。
虫歯及び歯周病の解決策は、歯磨きをしっかりすることと、歯医者による入念なチェックです。歯磨きをすることで歯垢を除去できるため、虫歯も歯周病もシルクをなくすことができます。そして、その歯磨きが正しいかどうかを歯医者で見てもらったり、磨き残しを歯医者の所で除去してもらうことで虫歯及び歯周病のリスクを0にできます。これをプラークコントロールといい、口腔内の歯垢の数を減らすことで口の中をいつまでも健康に保つことができます。