症状が出てからでは遅い|歯医者の正しい通い方

歯科

歯の表面が削れたのが原因

歯の模型と治療道具

歯磨きを毎日欠かさずに行うことは非常に重要です。歯を磨いて歯垢を除去することで虫歯のリスクは大きく減らすことができます。しかし、ただ磨けばそれで良いというわけではありません。歯は、磨きすぎると逆効果になってしまいます。磨きすぎた結果葉の表面のエナメル質が削れていき、内部が露出してしまうことがあります。そうなると、冷たいものを飲んだら剥がし観てしまうようになってしまいます。これを知覚過敏といいます。
知覚過敏の問題点は、虫歯と症状が少し似ているということです。虫歯も知覚過敏と同様に冷たいものを飲むとしみることがあるため、知覚過敏を虫歯と勘違いしてしまう人は少なくありません。そうなると、ますます歯磨きを念入りにしてしまい、誤った歯磨きを続けてしまい、知覚過敏の症状を悪化させてしまいます。よって、歯磨きをきちんとしているのに剥がし見る場合は、まずは歯医者に行き、診てもらいましょう。そして歯医者による診断で正しい検査結果を知り、知覚過敏もしくは虫歯を治していきましょう。
虫歯で行う知覚過敏の治療は、まずは正しいブラッシングと治療薬の処方です。正しいブラッシング方法を教えて知覚過敏が悪化しないようにし、知覚過敏の治療用歯磨き粉で葉の表面を保護していきます。また、歯医者の治療以外でできる治療は正しい歯ブラシと、唾液の分泌があります。唾液は歯の再石灰化を促す作用があるため、間違った磨き方で削れた歯の表面を再び元の状態に戻すことができます。なお、唾液はガムを噛んだりよく噛んで食べることで分泌されます。