症状が出てからでは遅い|歯医者の正しい通い方

歯科

歯茎の炎症

説明中の歯科医師と患者

歯肉炎は主に歯垢が原因です。歯肉炎は放置したままだと歯茎がやせ細り、最終的に歯周病になってしまうので早めに歯医者に相談し、歯肉炎を改善しておきましょう。歯肉炎は、歯ブラシで改善できます。

Read More...

歯の表面が削れたのが原因

歯の模型と治療道具

知覚過敏の原因の一つに間違った歯の磨き方というものがあります。虫歯予防のために歯磨きは欠かせませんが、間違った磨き方をすることによってはのエナメル質が削れてしまいます。

Read More...

虫歯や歯周病の原因

治療中の女性

プラーク(歯垢)は、虫歯、歯周病など口腔内全ての症状の原因です。そのため、口腔内の異常は全てプラークコントロールをすることで9割を防ぐことができます。よって、歯医者に通いこまめな治療を行いましょう。

Read More...

虫歯の痛み

歯医者

虫歯になったら歯医者に行き、虫歯治療を受けるというのは、実は間違った治療法なのをご存知でしょうか。虫歯が痛みだすというのは、症状がだいぶ進行している証拠であり、本来は症状が出る前に虫歯に行き、治療を行わなければならないのです。というのも、虫歯になった歯というのはもう二度ともとに戻らないからです。虫歯になったら、虫歯になった箇所を削って症状を食い止めます。しかし、そうやって削った歯というのは二度と再生しません。そして、プラスチックや銀歯で補綴しても、隙間ができてしまうので虫歯になりやすくなってしまうのです。
歯医者の正しい通い方とは、虫歯になる前に通い、歯の状態をチェックすることにあります。そうすることで歯の健康状態を知り、悪化する前に歯磨きで改善することができるからです。そうして歯の健康を常に守り続けることで歯周病のリスクもなく、老後も歯を生やし続けることができるのです。年を取って歯が抜けるのは、多くが歯周病のせいであり、歯周病さえ食い止めれば歯は生やし続けることができるのです。
近年の歯医者は、予防に力を入れているところが多く、予防歯科が盛んです。予防歯科では歯の健康チェックやブラッシング指導、そして虫歯予防のための処置やアドバイスを定期的に患者に行い、歯周病及び虫歯のリスクを限りなく0にしてくれる場所です。そのため、今や歯医者は治す治療ではなく防ぐ治療が主流になっており、防ぐ治療をすることで健康的な歯は維持しやすくなります。